FC2ブログ

SharpStar 76EDPHの作例です!

こんにちは!シュミットです。

8月も終わり、台風も続々と日本を目指してやってきて、夏の終わりの足音が急激に近づいてきています。皆様この夏は天体観測出来ましたでしょうか?振り返ってみるとコロナ渦で大変ではありましたが、よく晴れた8月でした。

さて、そんな8月に76EDPHのテスト撮影を行ってきましたので、作例を掲載いたします。
1_76edph-ps.jpg
はくちょう座 サドル付近
鏡筒:SharpStar 76EDPH+専用F4.5レデューサー
カメラ:Nikon D600HKIR
設定:ISO1600 120s×12(24min)
架台:SWAT350V-Spec

こちらもスターシャープやフリンジ除去などの処理は行っていませんが、非常にシャープで、色収差も少ないことがお分かり頂けると思います。口径76mmの比較的大きな対物レンズで、F4.5という短めの焦点距離ながら、ここまで諸収差を感じさせない鏡筒はなかなかありません。非常に優秀な撮影鏡筒としてお薦めです。

1_76edph-ps_qc.jpg
周辺部の星団もきれいに分離して、微光星で埋もれてしまいがちな天の川のど真ん中のにぎやかな構図ながら、星雲、恒星、背景がバランス良く写ります。

写真もいいですが、150mmという長いバックフォーカス(直焦点)を持っているため、眼視にも大活躍すること間違いなしです。高倍率をかけてみても色にじみのなくヌケの良い像は崩れませんでした。2本買って双眼なんていかがでしょうか!

1_DSCF1991.jpg
少々大きい鏡筒ですが、SWATのような頑丈なポタ赤や、EQ5GOTOのような安価な赤道儀とは相性ぴったりです。回転装置や接眼部のラックアンドピニオンの質感もよく、鏡筒ハンドルも便利なので撮影していてストレスがありません。

はじめての天体望遠鏡としてもおすすめできます。
是非お買い求め下さいね!

76EDPH-1.jpg
SharpStar 76EDPH 76mm F5.5 3枚玉EDアポクロマート
鏡筒101,000円(税抜)

SharpStar 61EDPHⅡ の作例です

どうもこんばんは。シュミットスタッフの将棋を指していそうなほうです。
なんのこっちゃという方は是非「胎内星まつりLive」のアーカイブを御覧ください。

さて、本日胎内星まつりLiveをご覧いただき誠にありがとうございました。時刻が大幅にずれ込んだり、通信環境が悪かったりで、ご不便をお掛けして申し訳ございませんでした。
その中で紹介させていただいた61EDPHⅡの作例ですが、こちらにも掲載いたします。

1_61edph2-ps.jpg

M16&M17
鏡筒:SharpStar 61EDPHⅡ+専用F4.5レデューサー
カメラ:Nikon D600HKIR
設定:ISO1600 120s×12(24min)
架台:SWAT350V-Spec

シャープスターの名前の通り、フルサイズセンサーの周辺までシャープな鏡筒です。3枚玉ですが光軸もズレていません。スケアリングも優秀です。実はスタッフも個人的にSharpStarの鏡筒を購入して使っているのですが、とにかく組み付けの品質が良いのです。光軸がズレている個体に当たったことがありません。スケアリング調整なども必要なく、箱から出してすぐにシャープというのがこのブランドの凄いところです。

1_61edph2-ps_qc.jpg
ピクセル等倍で切り出した画像になります。作例のため、フリンジの除去やスターシャープなどの処理は行っていません。ほんの僅かにパープルのフリンジが乗りますが、この程度は許容範囲です。2枚玉のEDよりもやはりスッキリとした星像が特徴的です。

フルサイズの最周辺では若干のコマ収差が出ますが、正直ピクセル等倍で拡大しない限りは問題ありません。

SharpStarブランドを取り扱い始めたのはつい最近ですが、やはり61EDPHⅡのお問い合わせがダントツで多いです。それだけ注目されているということですが、なかなかレビューがなく、購入に踏み切れないという方も多いことと思います。シュミットでは引き続き、新製品のレビューを全力で行おうと思いますので、ご期待下さい!
61EDPHⅡの情報もたくさんありますので、メールや電話でのお問い合わせもお待ちしております。

61edph-2.jpg

SHARPSTAR 61EDPHⅡ 6.1cmF5.5トリプレットアポクロマート鏡筒
税抜58,800円
好評発売中!

それでは。

手のひらサイズの凄いヤツ「61EDPHⅡ」

こんにちは、シュミットです。

昨日から新発売となりましたSHARPSTAR「61EDPHⅡ」ですが、皆様もうご覧いただけましたでしょうか。バンドとプレートを含めても重量たったの1.9kgで小型赤道儀にピッタリの鏡筒です!本体価格もこのクラスの3枚玉EDアポクロマートでは破格の58,800円(税抜)となっています!

61edph-2.jpg

↓商品ページはこちら↓
■61EDPHⅡ
■61EDPHⅡ専用F4.5レデューサー
■屈折用2.5インチフラットナー

今なら店舗にも少量の在庫がございます!
その場ですぐにお持ち帰り頂けます!
レデューサーやフラットナーも店頭在庫をご用意しています!
お盆休み中に61EDPHⅡを使うなら、ぜひシュミットでご注文ください!



この画像だけでは小ささが伝わりにくいので、どうやったらこのサイズ感が伝わるか、スマホと鏡筒を片手にシュミットの中をウロウロしてみました。

1_IMG_3047.jpg
まずは先行して発売されていた兄貴分の「76EDPH」との比較です。造りはそれぞれそっくりで、どちらも3枚玉のF5.5設計のため、まさしく兄弟と呼べる2本です。76EDPHも7cm級にしては小柄な方ですが、更に小さく、特に全長はかなり短くなっています。

1_IMG_3042.jpg
20cmの「20032PNT」の前に持ってくると本当に小さく感じます。あのKAGAYAさんも愛用している「15028HNT」も寂しそうに見ている気がします。現在SHARPSTAR製品全品ショールームに展示中です!!

1_IMG_3045.jpg
やっぱり望遠鏡は赤道儀に載っている姿が一番かっこいいと思いませんか?でも61EDPHⅡはポータブル赤道儀のほうが似合うかもしれません。

ベテランの皆様の「サブ鏡筒」として、もしくはポータブル赤道儀+カメラレンズからのステップアップとしての「初めての写真用望遠鏡」として、オススメですよ!

1_IMG_3048-2.jpg

これだけ小さいとデスクに置いても違和感がありません。

三枚玉EDアポのあるデスクはいかがでしょうか。

しっかりした造りで見た目もものすごく高級感があるので、使わないときはインテリアとしてもGoodです。「飾れる望遠鏡」はこれからのトレンドかもしれません。

先程も書いたとおり、現在SHARPSTAR製品を全品ショールームにて展示中です!少しでも気になった方は是非シュミットまでお越しください。お盆期間は8/11(火)~8/13(木)で営業しております!詳しくは以下のお知らせをご確認下さい。

■夏季休業のお知らせ
kakikyuugyou.gif

シュミットは8/14(金)~8/17(月)の間夏季休業となります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

※営業時間について
8/11(火)、8/12(水)、8/13(木)は店舗営業しております。発送も店舗在庫にあるものについては随時発送を行っております。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間は13:00~17:00の短縮営業となっております。ご注意下さい。

※お取り寄せ商品の発送について
メーカーも夏季休業の場合、お取り寄せに大幅にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの場合、予め納期をお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。


■決算セールのお知らせ
8/18より、半期に一度の決算セールを今年も開催致します!対象商品は現在準備中。詳細が決まり次第追ってお知らせしますので、お待ち下さい!

SHARPSTAR「61EDPHⅡ」新発売!

こんにちは!シュミットです。

SHARPSTARブランドより、最小にして最軽量の鏡筒が新発売となりました!
61edph-2.jpg

SHARPSTAR 61EDPHⅡ
58,800円(税抜)
【主な仕様】
・有効径:61mm
・焦点距離:335 mm / レデューサー使用時:274mm
・口径比:F5.5 / レデューサー使用時:F4.5
・サイズ:鏡筒長237mm(フード収納時) 鏡筒径80mm
・鏡筒重量:約1.9kg(鏡筒バンド、ドブテイルバー含む)


画像だと小ささが伝わりにくいかもしれませんが、SHARPSTARのEDPHラインナップの中では一番小さく、軽い鏡筒になります。

ドイツ式ユニットなどを搭載したポータブル赤道儀にも搭載できる、バンドとプレート込で1.9kgという重さで、フードを縮めると全長はたったの237mmです。
1_IMG_3021.jpg

フードを伸ばしてもかなりコンパクトです。

1_IMG_3038.jpg
限定的ではありますが、ポタ赤にも搭載することができる本格的な3枚玉の望遠鏡です。

61edph-reducer.jpg
専用のレデューサーも用意されており、これを装着することによって焦点距離274mm/F4.5の明るいアストログラフになります。もちろんフルサイズをカバーする広いイメージサークルを持っています。
SHARPSTAR 61EDPH用F4.5レデューサー
25,000円(税抜)

sha0004a.jpg

61edph-with-rd.jpg
専用レデューサーなので、ねじ込み式でしっかりと固定が出来ます。

フルサイズ周辺部分でおよそ40μm以内の星像を保ちます。
税抜5万円台で買える本格的な3枚玉EDアポクロマート鏡筒という、非常に面白い立ち位置の鏡筒です。手に取ればそのコンパクトさに驚くこと間違いなしです。店頭での展示も行っていますので、是非ひと目見に来てください!


■夏季休業のお知らせ
kakikyuugyou.gif

シュミットは8/14(金)~8/17(月)の間夏季休業となります。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

※営業時間について
8/8(土)、8/11(火)、8/12(水)、8/13(木)は店舗営業しております。発送も店舗在庫にあるものについては随時発送を行っております。
新型コロナウィルス感染拡大防止のため、営業時間は13:00~17:00の短縮営業となっております。ご注意下さい。

※お取り寄せ商品の発送について
メーカーも夏季休業の場合、お取り寄せに大幅にお時間を頂戴する場合がございます。お急ぎの場合、予め納期をお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。





KAGAYAさんも愛用の15028HNT!

こんにちは、シュミットです。

昨晩のコズミックフロントは皆さんご覧になりましたでしょうか。ご覧になっていない方は是非再放送で!特に、KAGAYAさんが出演された時に「おっ!」と思った方も多いのではないでしょうか。

著作権の都合で画像をお見せすることが出来ないのがとても残念ではありますが、BORGやSWATを始めとしたKAGAYAさんが写真を撮影するための天文器材が出るわ出るわ、そしてこの鏡筒も・・・!

”この”鏡筒・・・?

そう、当ブログをご愛読の皆様にはおなじみ、このかっこいい鏡筒ですね!
01_202006261647524da.jpg

SHARPSTAR 15028HNT鏡筒
https://www.syumitto.jp/SHOP/SHA0001.html

そうなんです。先日SHARPSTARの新製品であるF2.8のカーボン鏡筒ニュートン式反射望遠鏡を当店でお買い上げ頂きました

購入されたばかりの鏡筒ですが、早速実戦投入されて素晴らしいネオワイズ彗星の写真を撮影して頂いたので、僭越ながらご紹介させて頂きたいと思います!


ツイートにもありますように、夜明けで低空で、雲が流れてくるという、1秒たりとも無駄にできない状況の中でも、F2.8という明るさでしっかりと彗星のディテールを描出されています。驚くべきことにISO1250でたった10秒という短時間の露光だそうです。

多くの光を取り込める明るいニュートンでは、短時間露光でもノイズに対して大きいシグナルを稼ぐことができるので、画質面でとても有利です。特に彗星のような短時間で移動する天体ならば、効果は抜群です。


KAGAYAさんは本当にタイミングが神がかっているといいますか、聞いたところによると、世間を大いに騒がせた大火球の映像も、前日にカメラの不調に気づいて直したばかりだったとか、明るいニュートン反射を購入した直後に大彗星が現れたりだとか。
ただ単に運がいいと言うだけではなく、常日頃から舞い込んできたチャンスを確実にモノにできるようにしっかり準備されている証拠だと思います。
詳しくは昨晩のコズミックフロントを御覧ください。是非に(笑)

今後とも是非ご活用頂けるとスタッフ一同泣いて喜びます。

そんなKAGAYAさんも愛用中のSHARPSTAR 15028HNT鏡筒、気になる方は是非お問い合わせ下さい!
ショールームでも展示中です。見て触って、その後はアルコール消毒も忘れずに。新型コロナウィルス感染防止対策を徹底した上で皆様のお越しを心よりお待ちしております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

※ショールーム営業時間は現在「月~土 13:00~17:00」となっております。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さい。


SHARPSTARの取り扱いが始まりました!

こんにちは!シュミットです。

梅雨も中盤を過ぎたくらいでしょうか、今年に入って初めて新月期に何も撮れないボウズになりそうな予感のスタッフです。コロナも怖いので、このまま何事もなく梅雨が過ぎ去り、カラッとした夏晴れに満天の天の川を望めることを切に願っています。

そしてご案内が遅くなってしまい申し訳ございません。この度、サイトロンジャパンは新たなブランド「SHARPSTAR」の取り扱いを開始致しました!個性的なルックスに尖った性能が特徴の、撮影派垂涎のラインナップとなっています。



【SHARPSTAR 76EDPH 鏡筒】
101,000円(税抜)
76EDPH-1.jpg

EDレンズを含む3枚玉アポクロマート鏡筒です。コンパクトで取り回しやすく、小型赤道儀やポータブル赤道儀にもらくらく搭載可能です。扱いやすい342mm~418mm(レデューサー併用含む)で眼視から撮影まで幅広い活躍が期待できます!

【主な仕様】
・有効径:76mm
・焦点距離:418 mm / レデューサー使用時:342mm
・口径比:F5.5 / レデューサー使用時:F4.5
・レデューサーバックフォーカス:55mm
・サイズ:鏡筒長333mm(フード収納時) 鏡筒径90mm フード径100mm
・鏡筒重量:約2.9kg(鏡筒バンド、ドブテイルバー含む)

■レデューサーで342mm/F4.5の天体写真用鏡筒に!
76EDPH-F45RD (2)

76EDPH-F45RD-3.jpg

フルサイズ対応の大型レデューサーです。フルサイズ最周辺でも40μm以内で結像し、中心部とほぼ変わらないシャープな星像が期待できます。

32,800円(税抜)



■大型フラットナーでじっくり撮影!
2-5FLAT (2)

フルサイズ対応の2.5インチ大型フラットナーです。76EDPHをはじめ、様々な鏡筒で活用できるハイスペックなフラットナーになっています。

焦点距離   推奨バックフォーカス値
500mm以下   106mm
500~600mm   101mm
600~700mm   96mm
700~800mm   91mm
800~950mm   88mm
950~1000mm   87mm




233,000円(税抜)
01_202006261647524da.jpg

世界一インスタ映えする鏡筒こと「15028HNT」です。赤のアルマイト金具と黒光りする美しいカーボンのハーモニー。そして金色の差し色がたまりません。鏡筒も魅せる時代、最近はこのような見栄えにとことん拘るスタイルが人気です。
見た目だけではありません、ハイパーボラロイド・ニュートンの名の通り、双曲面の主鏡が用いられ、明るさは驚異のF2.8。補正レンズを組み込むことによって、フルサイズ周辺まで非常にシャープな星像を結ぶことのできるハイスペック鏡筒です。

15028-SD.jpg

少し見にくいですが、ニュートンの泣き所でもあるコマ収差も、ほとんど気にならないレベルで補正されているのがおわかり頂けると思います。

ロマンあふれるこちらの鏡筒、ニュートン反射なので光軸調整はご自身で行える方にお勧め致します。我こそは!という方に是非手にとっていただきたい1本です。
02_202006261647559df.jpg

【主な仕様】
・有効径:150mm
・焦点距離:420 mm
・口径比:F2.8
・副鏡短径:70mm
・イメージサークル:44mm
・バックフォーカス(M48アダプター接続面から):55mm
・補正レンズ:3枚玉エアスペース
・サイズ:鏡筒長445mm 鏡筒径195mm
・鏡筒重量:約6kg(鏡筒バンド、ドブテイルバー含む)



【SHARPSTAR 20032PNT 鏡筒】
344,000円(税抜)
Re-DSC_5154.jpg

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、こちらは20cmの大型鏡筒。最近はBKP200等、20cmも手が出しやすい価格のものが増えましたが、それでも20cmのカーボン鏡筒ニュートン反射というのはなかなかレアではないでしょうか。

こちらは双曲面ではなく、放物面鏡ですが、接眼部に大型の補正レンズを組み込むことによって合成焦点距離F3.2という非常に明るい鏡筒に仕上がっています。

Re-DSC_5164-2.jpg



底部にはデジタル温湿度計と排気ファンを装備。温度変化に強いパイレックス相当の主鏡とカーボン鏡筒ですが、より完璧を期したい場合は役に立ちます。結露の管理もしやすいですね。
※ヒーターは装備されていません。HEATスイッチは何も繋がっていませんので、ユーザーの工夫次第でいろいろなものに利用できます。

2032-05.jpg

こちらもスポットダイアグラムが公開されています。是非ご購入の参考にして頂ければと思います。

【主な仕様】
・有効径:200mm
・焦点距離:760 mm(補正レンズ併用時640mm)
・口径比:F3.8(補正レンズ併用時F3.2)
・副鏡短径:90mm
・補正レンズ:4枚玉エアスペース 0.85倍
・イメージサークル:44mm
・バックフォーカス:(M54アダプターから)55mm (M48アダプターから)52mm ・サイズ:鏡筒長633mm 鏡筒径280.5mm 
・鏡筒重量:約9.46kg(鏡筒バンド、ドブテイルバー含む)



いかがでしたでしょうか。この他にもまだまだワクワクする製品がたくさん控えています。梅雨の時期だからこそ、これからのシーズンに撮れる天体に思いを馳せて、じっくりと器材選びはいかがでしょうか。

これからのサイトロンジャパン、シュミットをお楽しみに!なるべく毎日更新できるようにがんばります。それでは!

プロフィール

シュミットスタッフ

Author:シュミットスタッフ

アストロ&
バードウォッチング機材
専門ショップ"シュミット"
"Sky-Watcher日本総代理"
http://syumitto.jp/

≪取扱い品目≫
天体望遠鏡
天体撮影機材
バードウォッチング機材


スカイウォッチャー、バードウォッチング関連機材、デジスコ機材などの各種製品情報やセール情報、商品の活用方法、入荷情報など最新情報をお届けいたします!
営業日はほぼ毎日更新!是非チェックしてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。
********************

■定休日:日・月曜日

■営業時間:
13:00~17:00時

********************

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR