FC2ブログ

バーティノフマスクの参考に

シュミット人気商品にバーティノフマスクがあります。

ncbm.jpg
写真↑が金属製で、写真↓が樹脂製です。性能に違いはございません!
bm_20161031194027f43.jpg



これが本当に人気で毎日必ず売れていくアイテムなのですが、
結構多い質問に「サイズはどれを買えば良いか?」というのがあります。

と、言うわけで思いつきで店頭にある鏡筒の直径を計ってみました!
今、店頭に展示機のある製品しか計ってないので悪しからずご了承ください・・・。
ちなみに今回はSky-Watcher編です。

反射望遠鏡
BKP130 直径約156mm
BKP150 直径約185mm
BKP200/800LPF 直径約235mm

マクストフ鏡筒
BKMAK127SP 直径約145mm
BKMAK180   直径約220mm

屈折望遠鏡
BK15012 直径約167mm(フード先端径)

こんな感じになりました!今回計ってみたのは店頭にあるものだけですよ!
誤差もあるものとお考えください。実際に購入するときは事前にお持ちの鏡筒を計ってくることをお勧めします!
データが取れ次第セレストロン編の予定です。公開時期は未定です。気長にお待ちください・・・。

商品ページはコチラです!
http://www.syumitto.jp/SHOP/949952/949955/list.html

お客様投稿画像

新月期の週末。
東京方面はすっきりしない天気・・・。
皆さんGPVで晴れ間を探していらっしゃることでしょう。
いい夜になることを祈っております。

さて、今日は土持 和記様よりご投稿いただきました作品をご紹介します。
土持様はCFP200/800鏡筒+AVX赤道儀で活動されています。
今回は話題のNIK Correctionも使われていらっしゃいます。
シャープで目が痛くなりそうです!

M31_HDR.jpg
HDR処理によるM31
あまり苦労せずにきれいに撮れるM31ですが、PScc用のフィルター群
GoogleのNIK CorrectionからHDR処理で、もわっとした感じと暗黒帯を
強調した画像処理をしてみました。(土持様談)

10/7 23:45~
ISO800、600sec x9枚
DeepSkyStackerでフラット/ダーク/スタック処理
PSccで色調/トーン補正、CCDStack2:Deconvolve処理
外周10%程度をトリミング、最期にPScc-NIK-HDR処理

IC342.jpg
非常に淡く銀河系の星にまみれるIC342
珍しく晴れ間の出た夜でしたが、シーイング透明度ともに芳しくなく、
撮影の合間に見るショットではほとんど写っておらず、対象の選択に
失敗したと思いました。でも炙ってみると意外と...(土持様談)

10/7 1:48~
ISO800、600sec x7枚
DeepSkyStackerでフラット/ダーク/スタック処理
PSccで色調/トーン補正、CCDStack2:Deconvolve処理、DPP処理
外周10%程度をトリミング

共通データ
撮影地: 富士見高原スキー場駐車場
鏡筒: SkyWatcher CFP200/F800 + ComaCorrectorF4 + LPR-Nフィルタ
カメラ:PENTAX K-5(Normal)
赤道儀:Celestron AdvancedVX
ガイド:D=60/f=240mmガイド鏡 + QHY5L-IIM + PHD2によるオートガイド

素晴らしいですね!
土持様、いつもありがとうございます。
NIK Correctionは天文ガイド11月号にも紹介されたフリーアプリ。結構遊べます。

※オータムセールは31日(月)までです

組立望遠鏡を作ろう!後編

前回途中で「つづく・・・」になってしまった組立望遠鏡。
ちゃんと作り上げていますよ。さっそく続きを!
5.jpg
鏡筒本体の右と左を合体させていよいよ筒にします。筒の両端に押さえの部品をはめ込みます。

6.jpg
前回組み立てた接眼部を本体にネジ込みます。これで本体は完成です!わーい。
ここで少し遠くの景色を眺めてテストします。接眼部を回転させてピントを合わせます。ここで「逆さだー!」と焦ってはいけません。倒立像が見えるのが正解です。

k3.jpg
本体にシールを巻きつけます。このシールにはマジックやボールペンで絵が描けますよ。私はシュミットパンダを描きました!!
キラキラにしてゴージャス望遠鏡とか、ヒョウ柄にしてPPAP望遠鏡とかいろいろ楽しめますよ!
望遠鏡下部に三脚ナットが付いているのでカメラ三脚に取り付け可能です。手持ちでも良く見えますが、天体などの遠くを見るには三脚に取り付けるのがおススメです。私はサンウェイフォトのコンパクトな三脚に取り付けてみました。お似合い♪

k4.jpg
やった!世界にひとつのマイテレスコープの完成です!15倍ですので月のクレーターなんか見るのにちょうどいいかもしれませんね。組立はとても簡単。しかもレンズの組み合わせで遠くの景色が拡大されて見える!というのがわかります。
私でも楽しかったので子供たちもきっと楽しいのでは!?
ちょっと早めですがクリスマスプレゼントにもおススメですよ。

ht0001_201610181639314f4.jpg
◆組立天体望遠鏡15倍 1750円(税別)





BKP200/800LPF作例

このところ東京周辺では星空を拝める機会が増えてきたような。
いい傾向ですね。
今日はそんな貴重な晴れ間に撮影された一枚をご紹介します。

東京西部の市街地で、CCD+ナローで素晴らしい作品を作られている長岡薫様より、BKP200/800LPFの作例をいただきました。
天候の影響で久々の撮影。ということでオートガイドや光軸などの調整にだいぶ手間取ったとのことです。ベテランでも間が空くとそうなんですよね。しかし苦労の甲斐もあって素晴らしい作品!

ic434_A(AO)O_BKP_STL.jpg
※クリックで大きくなります
IC434 
2016/10/24 20:18~
ナローバンドA(AO)Oカラー合成
A(Hαバーダープラネタリュウム7nm)10min x13/O(OⅢバーダープラネタリュウム8.5nm)10min x13:Total 260min
SBIG STL11000M /冷却温度-30度 / Sky-Watcher F4コマコレクター
ビクセンSXP PHD2オートガイド / ガイド鏡ペンシルボーグ+QHY5LIIM
撮影地 : 東京都瑞穂町

長岡様、いつもありがとうございます。

↓商品詳細は↓
BKP200/800LPF

メダカのタマゴ観察日記その3

先週、ついにメダカが孵化しました!!
1週間の間に6匹の稚魚が孵って、新しいガラス瓶の中ですいすい泳いでいます。体長は大きいもので3mmくらい。チョーかわいいです。
medaka.jpg
これももちろんナノ・キャプチャーで撮影した写真です。タマゴを発見してから孵化するまでずっとこんな状態でタマゴを観察していました。タマゴは大きくなることはありませんが、タマゴの中で目玉がくっきりしていく様子などしっかり観察することができました。やっぱり心臓が動いているのが見えたときはとても感動しました!!
outi.jpg
毎日しっかりくっついて観察していた甲斐あって、孵化の瞬間も撮影することができましたん♪
ビデオはコチラ(シュミットのFASEBOOKページにとびます)

こいつは使える!
ナノキャプチャー 詳しくはコチラ

ご来場ありがとうございました。

先日の国立天文台で開催された「三鷹・星と宇宙の日2016」サイトロンブースにご来場いただきましてありがとうございました。
あいにくの天気で観望などはできず残念でしたが、お楽しみいただけたでしょうか。
少しくらい晴れるかな?と思っていたのですが天気は下り坂の一方でした・・・。

天気は優れなかったですが双眼鏡の展示は大変好評いただきありがとうございました。
星に限らずバードウォッチングやネイチャーウォッチングにも十二分に性能を発揮してくれますので
観光や行楽の追加アイテムとして是非ご検討ください!

会場で設置直後です。
設置当初はネクスターの架台にコロナドPSTを付けて太陽観望を目論んでました・・・・
DSC_0005_R.jpg

あまりの晴れなさっぷりに本来の形に戻して地上風景をお楽しみいただきました・・・・。
DSC_0004_R.jpg

50センチ公開望遠鏡です!初めて見ましたけどデカイ!
この望遠鏡での星空も是非みたかったですねー。
IMG_20161022_120348_R.jpg

観望は残念な結果でしたが、昼間は大勢の親子連れなどでにぎわってました。
みなさま思い思いに楽しまれていたようです。
また次回に期待しましょう!
改めまして、サイトロンジャパンブースにお越しくださったみなさまありがとうございました!


三鷹でお待ちしております

今日は三鷹の国立天文台で「三鷹・星と宇宙の日2016」が開催されています。
現役で活躍する最新機器。かつて活躍した渋ーい望遠鏡など。
広い敷地に見どころたくさんで私も大好きな場所です。
IMG_1161.jpg
今はちょっとどんよりな天気ですが、夜には晴れるといいですね。
お近くの方は是非いらしてください!
NexStarEvo8 などが出動しています。

ナノ・トラッカー新価格のお知らせ

爽やかな秋晴れ。今日はシュミットのまわりはキンモクセイの香りが漂っていました。
いつもより遅めですが、ずっとお天気が悪かったので晴れた日を選んでいっせいに咲いたのかもしれませんね。
ここ何日かの晴れた夜には望遠鏡もいっせいに出動したのでは?
nanotracker_kokoku_camera_200.jpg
星空の撮影にナイスコンパクト!のNewナノ・トラッカーですが、このたびお値下げ新価格にて販売となりました。
ますますお手ごろ価格で貴重な星空撮影をお楽しみください!!

New nano.tracker 新価格 22,000円(税込)

追伸...
明日は国立天文台「三鷹・星と宇宙の日2016」にシュミットも出展いたします。
お近くの方はぜひお立ち寄りくださいね♪

三鷹・星と宇宙の日2016

「三鷹・星と宇宙の日2016」が10月21日と22日に開催されます。

IMG_20161019_180242_R.jpg

今年もサイトロンジャパンは参加しますよ!
10/21はプレ公開で10/22が本公開です。サイトロンジャパンは22日の本公開の日に出展してます。
当日のお天気は今のところまずまずな予報です。
天気が悪い日が多かったですから、せっかくのイベントは晴れて欲しいですねー。

観望会のほかにもスタンプラリーや講演会など盛りだくさんで、お子さんから大人の方まで幅広く楽しめそうです!
それでは会場にてみなさんをお待ちしております!

国立天文台ホームページはこちらです。
http://www.nao.ac.jp/


組立望遠鏡を作ろう!前編

ht0001_201610181639314f4.jpg
シュミットの商品の中に「10分で完成 組立天体望遠鏡」というのがあります。気になった方もいらっしゃるのでは?
私もとっても気になって気になって・・・作ってみたのでありました。

1.jpg
箱を開けると望遠鏡部品と取扱説明書そして天体観察ガイドブック。四季の星座、月や惑星などの観察ガイドがわかりやすく書かれています。望遠鏡のしくみも詳しく書いてあります。勉強になりますです。

2.jpg
接眼筒部分に視野絞りのワッカと3つのレンズをはめ込みます。このレンズの凹と凸で光を集めるんですねー。

3.jpg
接眼筒を組み立てて目当てをはめ込んで接眼部分の出来上がり♪ちょっとのぞいてみたりして。
ふー!ここまでノーストレスです。楽しいです。

4.jpg
鏡筒本体に対物レンズをはめ込みます。接眼レンズも対物レンズもミゾにレンズをはめ込むだけなのでチョー簡単です。
レンズは指紋などつけないように注意です。

がんばってマイテレスコを作るのだ!・・・つづく

組立天体望遠鏡15倍 1,890円










プロフィール

シュミットスタッフ

Author:シュミットスタッフ

アストロ&
バードウォッチング機材
専門ショップ"シュミット"
"CELESTRONショールーム"
"Sky-Watcher日本総代理"
http://syumitto.jp/

≪取扱い品目≫
天体望遠鏡
天体撮影機材
バードウォッチング機材
デジスコ関連機材

セレストロンやスカイウォッチャー、バードウォッチング関連機材、デジスコ機材などの各種製品情報やセール情報、商品の活用方法、入荷情報など最新情報をお届けいたします!
営業日は毎日更新!是非チェックしてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。
********************

■定休日:日・月曜日

■営業時間:
午前10時~午後6時

********************

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
アクセスカウンター
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR